カテゴリ:Camera( 5 )

ZEBRA
アメリカのオークションで落として貰ったカメラ
Polaroid SX-70 Model 3

f0032194_1148162.gif


自分で革を張り替えて
いざ記念写真と言うところに1匹の乱入者
いきなり毛繕い!!

どっちも宝物です
[PR]
by maxymaxy | 2007-06-01 11:50 | Camera

HRINEZUMI
去年 撮っていた写真をやっと現像に出した

上がって来た写真が

f0032194_23193747.gif


こんなのとか

f0032194_23201477.gif


f0032194_23205036.gif



そしてこんなの

f0032194_23211176.gif


f0032194_2322832.gif



これを 写したのがこのカメラ

f0032194_23224221.gif


「ワンテン」と呼ばれるフィルムを装着して やっとこんな感じ

f0032194_23232992.gif



ちゃんと写るんだねー 980円のカメラでも・・・
ラボでの現像だから時間がかかるんだけど
出来上がりがすごい楽しみ
[PR]
by maxymaxy | 2007-05-16 23:26 | Camera

pin money
もう すっからかんデツ ・・・へそくり

f0032194_9232790.gif


もうじきGWなのに・・・
わんこにゃんこのお薬や予防接種でお金要るのに・・・   買っちゃったよ

ここ4〜5年 探していたハーフカメラ
CanonのDial35
国内も海外もオークションでチェックしていたが
値段が高過ぎるのと状態が心配なので あきらめていた

たまに見ている近くの中古カメラショップのBlogに入荷の記事
カメラマンの方が営業していて ほぼ週1回くらいしかお店を開けない
何度か訪れて店主の人柄や商品のカメラが丁寧に扱われている様子が
いい感じだったので 安心して買えると思い
電話して平日の夕方 仕事帰りに寄ってみた
手に取ると思った以上に重さがあって しっかりした造りで
実物を見て 余計に心惹かれた

扱い方やくせなんかを教えて頂き
アメリカのオークションで手に入れたポラロイドのSX-70の
リペアの相談にも乗ってもらった
おまけに代金の端数も「おつりが無いので」と負けて頂いてしまった
大喜びで「うちの子」にと連れて帰って来た

もう1台はデジカメ
ここ3年くらいはダンナ様が会社の抽選で当てた
OLYMPUSのCAMEDIAを使っていた
一昨年にデジタル一眼のEOS Kissを購入したのだが
こちらは やはりダンナ様が主に使う
だから自分用に欲しかった
ネットで見て これに決めた
ポイントは まず乾電池が使える事!!
そして10倍ズームと値段が許せる範囲だった
こちらは実物が届いて 初めて手に取ったのだけれど
思ったより小さくて良かった
・・・ただ 
レンズキャップをいちいち外さなければならない点がダサイ
このポイントを忘れていたっけ

さあて へそくり またがんばって貯めないと!!!
[PR]
by maxymaxy | 2007-04-28 09:54 | Camera

TOKYO SAMPO  Tukuda
今日の夜は 月島もんじゃぷちOFF
集合時間まで
佃島周辺をうろうろ

小さな公園の前には隅田川から 分けられた船溜まり
f0032194_1236152.gif

路地のお家の前でのんびり  毛並みから野良のにゃんこかな
f0032194_12381819.gif

お目当てはここの佃煮  周辺にはお醤油のいい匂いが漂う
f0032194_12395874.gif

お店の目の前が隅田川  寒くなった今日の夕暮れは景色がきれい
f0032194_12403031.gif


その後10数分歩いて 月島のもんじゃさんへ
f0032194_1241382.gif

4時にお店に入ったのは正解
日曜の5時過ぎには どこのもんじゃ屋さんも満員になった
いっぱい食べて飲んで 香ばしい香りに包まれて帰りました
やっぱり「本場」は美味しかった
[PR]
by maxymaxy | 2006-11-12 21:33 | Camera

Nostalgia
実は 大昔 このカメラを手にいれた時に
私は一眼レフカメラの扱い方を習いに行っていた

f0032194_23185561.gif


20代前半で失恋した私は
恋愛に一生懸命過ぎて 自分に何も残っていない気がした
その時に「濱谷浩写真展」を観てものすごく惹かれ 感動した
それまでは 母が油絵をやっていたから 特にそう感じたのかもしれないが
「絵」は そのヒトのテクニックに大きく左右される
「写真」は ただ シャッターを押せば誰にでも その画面が切り取れる
と 思っていたのだ・・
今 思えば なんと 大それた考え方だったんだろう

心斎橋のカメラ屋さんを訪ね 取りあえず「Nikon」と決めてはいた
その頃 名機と憧れたのは 「F3」 
けれど とてもじゃないが 
標準とズームの望遠の2本のレンズが欲しかった私は
一番安くて軽い「FG20」にシグマのレンズを合わせるので 精一杯だった

何の知識も無く 周りの友達にももちろん 一眼レフカメラをやってる人間なんていない
それでは と「朝日カルチャーセンター」に申し込み1年間 お勉強した
はず?! なんだけど  覚えている事と言えば
初日に習ったフィルムの装着の仕方  後にも先にもあんな入れ方するヒトは見た事が無い
未だに 「ほんまに ええんか・・」と思いつつ シャカシャカダイアルをまわす

その頃のノートを見ると きたない文字で
露出寛容度(ラチチュード)   標準 f8 - 1/125
人物の撮り方 「写真の引き算」 と 「カメラの足し算」
ストロボのガイドナンバーと撮影距離から「絞り値」を割り出す計算式
と なんだか やみくもにいっぱい書いてある
そして ノートはモノクロフィルムを自分で現像した所までで終わっていた
黒い布の袋の中で 容器に入れたフィルムを
現像液と馴染ませるのに 上下左右に傾けた思い出がある
あんなに「泡をたてないように!」と言われたのに
私のフィルムは水玉模様だった
その頃の事がいろいろ思い出された
さあて! しっかり読み直して 勉強やり直しや
[PR]
by maxymaxy | 2006-03-15 19:16 | Camera


kagishippo'sDiary
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31